委員長所信・基本方針

委員長 前田浩志

 ビジネスが活発に行われることは、私たち個人にとって、また、私たちが住む地域社会において、重要な関心事の一つであることは言うまでもありません。2018年には、日本青年会議所の定款に、「ビジネスの機会」という用語が明記され、2019年度に会頭をされた鎌田先輩が会頭所信において、青年会議所活動でのビジネスを発展させることの重要さを表明されました。このことは、周南青年会議所においても同様です。国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、令和2年の周南市の人口は約14万人と年々減少傾向にあり、令和2年9月発表の周南市人口ビジョン改訂版においては、地域内における経済循環の強化を図ることにより、地域経済を発展させることの必要性を明示しています。周南青年会議所の会員が地域のリーダーとして、ビジネスとどのように向き合うべきか、会員のビジネス活性化に対する理解の促進と、青年会議所活動を通して会員が等しくビジネスの機会を得ることが求められているといえます。
まずは、会員に対し、青年会議所活動を通してビジネスとどのように向き合うべきか、ビジネス推進に対する意識の向上および会員のビジネスの特徴や特色について相互理解を図る2月度例会委員会アワーの企画設営を行います。また、会員が互いのビジネスを営む上でのリソースを用いて、相互に協力し、連携することで描くことのできるビジネス構築の着想を与え、地域の課題解決と両立し得るビジネス構築の気づきとなる上での対内事業の企画設営を行います。さらに、青年会議所活動がビジネスの発展および地域経済を持続可能なものとして展開されるのか、公開例会を通じて、会員のみならず周南市、下松市、光市などの一般市民に対して理解していただく10月度例会委員会アワーの企画設営を行います。
会員の誰もが青年会議所においてビジネスの機会を得、他の会員のビジネスを応援するなどの環境を構築することで、私たちが暮らす地域の経済を発展させ、地域が抱える課題の解決に取り組んでまいります。当委員会の事業の実施を通じて、青年会議所活動がますます活発に行われるなど、誰もが輝ける周南青年会議所を目指します。

TOP
TOP