コロナ難?  売上が減ると値下げでなんとかしたくなりますよね?

こんにちは。

公益社団法人周南青年会議所
拡大広報委員会の永尾雄佑です。

まずは周南青年会議所のブログに興味を持って、さらにこのページを開いてくださったあなた!
ありがとうございます。
青年経済人らしい、経営者らしい内容をお届けできればと思います。

さて、2020年コロナの影響で全くJC(青年会議所)活動ができていません。
がしかし! ビジネスは動き続けています!

需要が減り、受注が減り、目の前の案件を失注したくが無いために”値下げ”していませんか?
今回は私が好きな”MQ会計”という考え方で”値下げ”の恐ろしさをお伝えできればなと思います。

”MQ会計” この言葉を皆さんご存知でしょうか?
戦略MQ会計

MQ会計ではこのように会社のお金を表現します。

MQ会計

ある会社では1本100円のジュースを年間100個販売しています。

そして原価は1本50円とします。家賃や給与などの固定費は40円としましょう。

P=100円、Q=100本、M=50円になりますね?

 

 

この会社では利益(G)が1000円残りました。

売上の10%が利益ですから、非常に良い会計ですね。

大きな企業では純利益率2%程度ですから。。。

 

さて、コロナで売上が減ったり、自信がなかったり、値下げしますよね?

年間通して10%ほど値下げしてみましょう。

1本90円のジュースを100本販売すると

売上高(PQ)は9000円

原価(V)は変わりませんから、売上原価(VQ)は5000円

粗利(MQ)は10%分減少して4000円

家賃などのコストは減りませんから、固定費(F)=4000円

 

 

粗利から固定費を引いてみると・・・・・????

たった10%値下げしただけで、なんと赤字ではないですが

利益が0になってしまいました!!!

 

 

 

このように値引きがもたらす影響は非常に大きいのです。

これを利益感度といいますが、いかがでしょうか?

いろいろと数字を当てはめてみると、粗利(MQ)への影響がわかるかと思います。

 

最後に好きな言葉をお伝えして終わろうと思います。

 

私のVはあなたのP

 

詳しく聞きたい方は永尾まで。。。

 

長々と駄文をお読みいただきありがとうございました。

株式会社永尾サービス

永尾雄佑

コメントは利用できません。

本当の友情と自身の成長を実感できる組織です

入会申し込みはお気軽にどうぞ!