個別三役理事会

ご挨拶

明けましておめでとうございます。私は2020年筆頭副理事長を務める吉岡寛志と申します。

本年は理事長だけでなく、周南青年会議所で様々な役割を担うメンバーがリレー形式でブログを担当することになりました。

そこで、初回の河村理事長候補者に続き今回は私が担当しますが、本年の活動は明日1月14日の1月例会、新年会から本格的にスタートするので、周南青年会議所の活動内容を面白く魅力的に発信するのは次回以降ブログを担当する福原副理事長、次々回の岸村副理事長、次々々回の原田副理事長に断腸の思いで譲り(笑)、ここでは、周南青年会議所の組織、仕組みについて説明して参ります。

周南青年会議所の組織、仕組み

役職

周南青年会議所には大きく分けて、理事長、副理事長、委員長の三種類の役割があります。

理事長は組織のトップとして1年間の組織の方向性を決め、組織を導いていきます。

委員長は委員会をまとめ、事業を企画、立案、実行していく組織の花形です。

副理事長は担当委員会を持ち、理事長と担当委員長をつなぐ中間管理職の役を担います。

ちなみに、私は拡大広報委員会(新入会員の獲得、研修、周南青年会議所の広報を担う)の担当で、委員長は木本商事の木本安一君が務めます。

その他の多くのメンバーは委員会に配属され、委員長を支えていきます。

仕組み

周南青年会議所が事業(夏休みに小学生を須金で民泊させる、競艇場で花火を上げる、メンバーで忘年会を行う)を実施する場合、まず、各委員会で個別会議を開催し、委員長が議案を作成します。

そして、各委員長が提出した議案を三役会議(理事長、副理事長出席)で議論して、理事会(理事長、副理事長、委員長出席)で協議します。

個別会議

1月8日に開催された拡大広報委員会の個別会議では新入会員を迎える準備、計画について話し合いました。

この日は、新年かつ委員長が負傷して(涙)外出できないため、出前寿司を食べながらの会議となりました。

SDGsの女性活躍の精神で女性メンバー優先!

 

 

三役会議

1月9日には三役会議が開催されました。この日は3月例会、4月例会、SDGs推進委員会の対外事業等について、理事長、副理事長の間で意見交換しました。

 

理事会

1月の理事会は、23日に開催されます。英委員長の3月例会が審議、水本委員長の対外事業が部分審議予定です。両委員長、担当の岸村副理事長頑張って下さい!!私も頑張って確認します(笑)

結びに

リレーブログは近年なかった形だと思うので、各担当者がそれぞれの個性を活かして魅力的なブログを続けていけるよう、拡大広報委員会として全力でサポートしていきたいと思います。バトンが途切れないように(汗)頑張っていきましょう!!読者の方は1年間お付き合いいただければ幸いです。

 

 

コメントは利用できません。

本当の友情と自身の成長を実感できる組織です

入会申し込みはお気軽にどうぞ!