12台の誕生日ケーキ

2020年度、周南青年会議所の幹事を務めます河村大地です。周南でフランソワというケーキ屋をしています。

 

岡田幹事からのバトンを受け取り、幹事のお仕事をざっくり説明すると、

①毎月の理事会、三役会の設営

②スタッフ主体の事業(京都会議や全国大会への参加等)の企画・運営

③各委員会の事業のサポート

です!要するに、専務・事務局長の手足となり、周南青年会議所、理事長の活動を支えていくことが幹事の役割です。

幹事の心構えについては、次の幹事が熱く語ってくれるでしょう♪

 

活動報告

さて活動報告ですが、今月9日、三役会議が行われました。通常は事務局で行うのですが、コロナ感染拡大防止のためテレビ会議にて行われました。

自宅からテレビ会議

ケーキ屋が仕事でテレビ会議を使うことはまずありませんので貴重な経験です。ついでに真面目に活動していることを家族にアピールですw

やはり、三役会議でも新型コロナウイルスへの対応が議題の中心となっていましたが、周南市での感染者が出てからはうちのお店もガッツリ売り上げが下がりました。

ついには16日、全国に緊急事態宣言が拡大され、いつまでこの状況が続くのかと考えると不安で気が重くなりますが、そんな中、前向きな気持ちにさせてくれたのは、周南青年会議所のメンバー達でした。

会議所活動とビジネス

まだ周南・下松地域で感染者が出ていない段階では、メンバーの飲食店を普段以上に積極的に利用していましたし、同期のLINEグループでは弁護士をしているメンバーが、助成金や融資を受けるための情報をあげてくれました。

周南青年会議所は、営利目的の事業は行うことはありません。そのイメージから、青年会議所に入っても自分のビジネスには繋がらない、と思っている方もいると思います。

実際、私も青年会議所に入ることの目的は、自己成長、人との出会いで仕事面でのメリットはほとんど期待していませんでした。

しかし、入会して活動していくにつれ、メンバーの誕生日ケーキや挨拶回りに使うお菓子を注文してもらえるようになりました。

そこで、今年(月~月)に入ってメンバーの誕生日ケーキを何台作ったかなと思い、数えてみると12台もありました!!ありがたい!!

(写真をあまりとってなかったので、下の写真には去年作ったケーキも含まれてます)

ケーキ写真

ケーキ写真

ケーキ写真

もちろん青年会議所に入ったからといって、メンバーの店を利用しなきゃいけないルールはないですし、当然に自分のお店を使ってもらえるわけでもありません。

ですが、真剣に会議所活動をしていれば、あの人のお店行ってみたいな、あの人と一緒に仕事してみたいな、という気持ちが自然と湧いてきます。

例えば、フランソワでは今年の秋、一緒に幹事をしている京瀧君のマリーナシーホースさんとのコラボで、「ランチ付き和菓子作り体験」を企画中です(コロナの影響で実施できるかは未定ですが)

興味のある方は是非!!

最後は宣伝しちゃいましたが、「地域の活性化」と「自分のビジネスの拡大」、その両方を目指してこれからも活動していきたいと思います!

コメントは利用できません。

本当の友情と自身の成長を実感できる組織です

入会申し込みはお気軽にどうぞ!