2021年度

明けましておめでとうございます。

2021年度周南青年会議所の理事長を務める吉岡寛志と申します。

 

初回の投稿なので簡単な自己紹介をすると、1982年1月18日生まれの38歳で入会11年目になります。

仕事は周南市で弁護士をしていて、妻と3人の子どもがいます。出身は山口市で弁護士になったのを契機に周南市で暮らすようになりました。

周南青年会議所には誰から誘われたわけではなく、自分から入会しました。

見知らぬ土地で仕事をしていくためには人脈が必須であり、そのためには青年会議所が最適であると29歳だった私は考えました。

そして、この10年間で格好いい先輩方、魅力的な友人、将来性ある後輩に出会い、触発されて、当時の決断に間違いがなかったと確信しています。

このような経験を少しでも多くのメンバーに伝えられるよう一年間精進して参ります。

 

2021年度はスローガンを「相続~for next generation~」と定めました。

先輩方の想いを受け継ぎ、我々の想いを加えて、次の世代へ伝えていくことをテーマとしています。

イメージカラーは希望という意味がある黄色を選びました。

2021年度は新型コロナウイルスの影響があり、制約を受けた中での青年会議所活動になると思います。

しかしながら、zoom等のITを利用すれば、感染防止を第一に考えつつ、その中でも青年会議所活動は継続できるはずです。

そして、私の考える青年会議所活動の本質「JCでなければ出会えない人と出会い、JCで出会わなければ友情を築けない人と友情を築ける」を守っていくことはできるはずです。

2020年度のコロナ禍の中で周南青年会議所は徳山駅前にモニュメントを作成し、小学生が将来の夢を書いたメッセージを掲示しました。

この小学生の夢、駅前モニュメントの希望の光のように、コロナ禍であっても周南市下松市に希望を届けることができる事業を展開していきたいと思います。

1年間宜しくお願いします。

コメントは利用できません。

本当の友情と自身の成長を実感できる組織です

入会申し込みはお気軽にどうぞ!