想いを繋ぐ

こんばんは。スタッフ幹事の京瀧 勝です。
11月になり、秋も一段と深まってまいりました。
朝晩の冷え込みはありますが、すっきりした秋晴れの日には
どこかに出かけたくなりますよね。
紅葉の時期でもありますし、休日には県内の紅葉スポットに行ってみようかと考えております。

この時期、1年毎に組織が組み替えられるシステムになっている
青年会議所では次年度に向けた動きが活発になってきます。
メンバー1人ひとりが、新しいことにチャレンジしていくわけですが
特に力が入るのが、「会員拡大」です。
新に入会を希望される方への説明など、各メンバーが一生懸命動いています。

なぜなのか・・・

それは「想いを繋ぐ」ためだと思います。

青年会議所での活動を通じて思う事は、メンバーによって全く異なります。
それは年齢や在籍年数、何歳で入会したのか、どの委員会を経験したのか
ブロックへの出向を経験した、役を受けたなど、様々な経験があるからですが、
そんな私はまだ入会2年目ですが、それでも青年会議所に入会して良かったと
心から感じています。

周南市出身ではない私は、青年会議所に入会するまでは市内に知人が少なく
性格も閉鎖的な人間でした。
それが入会した途端に、そのままでは出会うはずもなかった方と出会い
閉鎖的な私の性格を全く無視して、遠慮の無い友人も出来ました。
それでも彼はいつも私を支えてくれます。
市内でのイベントに参加すると、知った顔も多くなり
「振り向けばそこには青年会議所メンバーがいる」。そんな感じです。
これは私のほんの一部のお話ですが、他のメンバーの方々は
もっと多くの経験をされ、もっともっと素敵なエピソードを沢山持っています。
だから毎年、会員拡大活動は行われ、毎年多くの方が入会されるわけです。
こうした想いが繋がれているからだと私は思います。

青年会議所はただ友達を作る場ではありません。
イベントに行けばメンバーがいる様に、理念を持って
率先して行動し、持続可能な社会を実現するために活動しています。
あなたのすぐそばにも、青年会議所メンバーがいるかも知れません。

仕事や勉強をしていても、時々モチベーションが下がったりすること
ありますよね?
青年会議所活動でも同様に、モチベーションが上がらない時もあります。
そんな時は、友人・・・ではなく「やる気スイッチ」を押すだけです(笑)

いつも感謝しています!

コメントは利用できません。

本当の友情と自身の成長を実感できる組織です

入会申し込みはお気軽にどうぞ!