コロナ渦の中で考える事

 

2月に始まったコロナショックから早6か月がたちますね。

あの頃はこんなに大きな事になるとは思いませんでした。

私は10年ほど前から飲食店の経営や映像の仕事に関わってきましたが、ある程度の土台が出来安定した生活を送っていました。

今回コロナウイルスが流行したことにより、多くのダメージを受けましたが、新規事業を始めるきっかけになったり自分の時間が出来たりと

そんなに悪い事ばかりではないのかなと思ったりします。

そんな私は犬が2匹と旦那がいます。

 

もう最近は犬にべったりです。

あ、旦那の写真がない。。。

紹介省きます。

 

 

犬もコロナに感染するとか。。。

今年のマダニは命に係わるとか。。。

犬も今年は大変です。

おかげで犬もこんな感じ

 

でも家にいる時間が増えたので、楽しそうに生活しております。

 

さて話は変わりますが、

今までの生活スタイルを変えてしまう事って想像していましたか?

私は全くしていませんでした。

なのでかなり緊急事態宣言がでたときは動揺しました。

これからどうしようとか色々考えちゃいました。

なんせ徳山の町がこんな状態だからです。

 

色々考えた結果新しい事業をする決意ができました。

これはコロナウイルスのおかげかも知れません。

とは言っても飲食店だけで生活している方は数多くいます。

 

今通っているお気に入りのお店って皆さんありますよね。

そのお店を少しでいいので気にかけてあげてください。

私が一番怖いのは年末で廃業になる飲食店が多くでる事です。

ウイルスがワクチンが出来て皆さんが日常的に夜出かけれるようになるとして

その時にお店があるかどうか。

これが多くの飲食店の現状だと思います。

ウイルス対策をしていても客足は遠のいたままです。

なので少しだけ足を軽くしていただけると助かります。

大人数がダメなら数人でも、その飲食店に通うことで明日に繋がります。

その積み重ねが半年後、お店が存続できるかどうかに繋がっていきます。

 

そんな中、山口市ではこの状況に負けてはいけないと山口市内の飲食店で

これから飲食店は、どうすれば生き残れるか。逆境に負けないように案を出し合って実践に移し

それをケースとして発信できればと考えている方たちがいます。

わたしもその方たちにアドバイスを頂きながら、地元周南市の商店街を復活させる為に動いていきたいと思います。

 

コロナウイルスが早く終息し、日常を取り戻せたらと願いながら何かしらの行動を起こしていこうと思います。

 

 

 

コメントは利用できません。

本当の友情と自身の成長を実感できる組織です

入会申し込みはお気軽にどうぞ!