まだ6か月、もう6か月?

皆さん!こんにちは!!総務拡大員会、委員長の岡田秀星です!

タイトルにもしましたが、2021年度の周南青年会議所がスタートして半年が過ぎました。

 

自分の感覚的にはもう6か月も過ぎたか…というのが率直な所です。

総務委員会は、例会を設営する委員会です。

1年で組織が交代する青年会議所という組織において、拡大委員会と総務委員会は名前は若干変わりますが、毎年必要な委員会として周南青年会議所に組織されます。

毎年必要で毎年あるのに去年と一緒です。と言ったらすげぇ怒られます(笑)

そういう意味では、今年度の総務拡大委員会は総務と拡大という毎年必ずある委員会の名前を冠してる周南青年会議所の歴史を背負った委員会といえるのではないのでしょうか!

とまぁ前置きと冗談はこれ位にして、本題に入ります。

会員の皆様にはご案内を流させていただきましたが、6月例会は例年6月総会と同時に開催されます。

3月総会は2020年度、前年度を〆る為の総会でした。

では6月総会はなんのための総会なのか。

 

2022年度、次年度理事長、副理事長候補者を決める為の総会です! 補正予算の審議もありますが割愛

本来であれば、会員全員で集まって次年度候補者選出選挙を行いたいところでしたが、昨今の社会情勢的にWEBとのハイブリッド方式になってしまったのは、残念です。

この6か月間、総務拡大員会は中川副委員長を筆頭にZOOMでの例会を毎月設営し、中々の所まで来ていると自負していますが、やっぱり、正直皆で集まってする例会を設営したいです!

ZOOM設営するの大変なんですよ!何がを起こるか分からないし!!というのも本音ですが、やっぱり一人一人の顔を見て、「お!久しぶり!」「最近元気?」みたいな他愛のない話をする例会が俺は好きです。

※2020年度2月度公開例会より

まだ1度もみんなで顔を合わせる例会ができていないのは、しょうがない。とはいえ残念でなりません。

今年中にコロナが少しでも収まり、2020年度入会した今の2年目の会員の皆さんや今年入会を検討している2021年度の研修会員の皆さんにもリアル会場での例会をしっかり伝えたいと思っています。

例年では6月度例会、総会と同時に開催される次年度を囲む会も延期とさせていただきました。

この囲む会、総務拡大員会が余興を考えシナリオを考え、先輩方を含め多くの方々にご協力をお願いし、準備を進めていたので凄く残念ですが顔を合わせる事が出来ないなら、無理に6月にする必要もないという判断で延期としました。

 

次回開催日は未定ですが、またご報告いたします。

 

2022年度は周南青年会議所20周年の節目の年です。

徳山青年会議所と下松青年会議所が合併して新たな青年会議所ができて20年。

 

もう20年と思われる方もいらっしゃるでしょうし。まだ20年と思われる方もいらっしゃると思います。

次の20年に向けて、会員全員で次年度を選出して、盛り上げていきましょう!!

 

 

最後に、事業に向けてずっと準備を続けてきたSDGs拡大委員会の皆さん、今回の事業中止という決断、断腸の思いだったと思います。

SDGs拡大委員会には、俺が2年目で拡大委員会に配属された時の新入会員の方々が多くいらっしゃいます。京瀧委員長の為に!という同期の絆を外から見ていて羨ましくもあり、頼もしくも思っていました。それ故に、今回の決断は本当に苦しい事だと思います。

今は中々次の事を考えられないかもしれませんが、何らかの形で皆さんの頑張りが実を結ぶことを願っております。

コメントは利用できません。

本当の友情と自身の成長を実感できる組織です

入会申し込みはお気軽にどうぞ!